【初めてご利用の方へ】

病児保育室では、看護師・保育士がお子さんのお相手をさせていただき、必要に応じて小児科専門医が拝見いたします。保育室のご利用に関して、このページ内で詳しくご説明させて頂きますので、お手数ですがご一読ください。

※ 未登録で翌日利用希望の方は、利用したい前日(月曜日利用したい場合は金曜日)の昼12時までに登録して下さい。
その後ご連絡ください。

    
   

利用基準について

ベアルームは横浜市委託の病児保育室です。次のような方が利用できます。

  • 生後6ヶ月から小学3年生までのお子さん。
  • 病気のため他のお子さんとの集団生活が困難で、入院治療を必要とするほどではない状態。
  • 保護者の勤務の都合や病気・事故・出産・冠婚葬祭など、社会的にやむをえない理由で家庭での育児が困難な場合。

以上、3項目を満たし、お子さんの主治医(かかりつけ医)が病児保育室の利用が適切であると判断することが必要です。

※ 主治医(かかりつけ医)については、「第4号様式」に関してを参照。

利用料金・保育時間について

  • 利用料金は1日 2,000円です。
  • 病児保育室でお子さんをお預かりするのは、月曜日から金曜日の午前8時半から午後6時までです。
  • 時間外のお預かりは出来ません。
  • 土曜日・日曜日・祝日・年末年始・臨時休業日(夏季を中心に年に数日)は、お預かりできません。
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日 日曜日
8:30〜
18:00
8:30〜
18:00
8:30〜
18:00
8:30〜
18:00
8:30〜
18:00
××

利用手順について

■利用手順1:事前登録の申し込みをする。

※ 登録されていない方の利用予約は受付できません。

  • 登録用紙を入手する。但し、この登録用紙は横浜市病児保育事業ページの横浜市病児保育事業利用登録票「第3号様式」です。
  • 「第3号様式」を下記<連絡先>へ送る。
  • 登録受付の通知と利用方法の詳しい説明が送られる。

※「第3号様式」は横浜市病児保育事業ページからダウンロードできます。パソコン上で、この「第3号様式」をダウンロード→印刷→記入するのが一番手間がかかりません。ダウンロードできない方はお送りしますので下記<連絡先>に、「ご住所・お名前」を明記の上ご連絡ください。

病児保育事業利用登録票「第3号様式」のダウンロードはこちらからでも出来ます。

<連絡先>:

  • 郵送の場合:〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西1丁目15-1 カミオ405−1「病児保育室ベアルーム」まで。
  • FAXの場合:(045)844 - 2033(FAX専用)
  • メールの場合:br-touroku@image.ocn.ne.jp

※ご質問やお問い合わせは、お送りする説明をご覧になった上で下記番号まで、お電話でお願いします。

  • 電話番号:(045)842 - 0420

■利用手順2:利用予約をする。

※ 事前登録していても、利用予約がなければお預かりできません。

  • お子さんが病気の場合、主治医(かかりつけ医)を受診し、「第4号様式」の記入を依頼する。
  • 電話での申し込みは、営業時間内(8:00〜18:00)にお願いします。利用前日の午後6時まで。当日は午前8時以降。
  • 電話番号・その他の詳細(インターネットによる時間外予約など)は利用登録された方にお知らせします。
  • 休日明けの利用は休日前でも受け付けます。(例:週明けの月曜日の利用で、受付を前週の金曜日に済ませる。)
  • 休みの間に病気になられた方の多くは「第4号様式」をお持ちではないので、利用前に必ず主治医(かかりつけ医)を受診していただきます。予約をとるタイミングは、受診の前後どちらでも結構です。

病児保育事業利用連絡書「第4号様式」のダウンロードはこちらからでも出来ます。

※ 定員が8名のため、満員でご利用いただけない場合もあります。

利用に関する注意事項等

■ベアルーム利用にあたって

  • 昼食などの飲食物、着替えなどはご持参願います。(詳しくは登録時にご案内いたします。)
  • 服薬が必要な場合は1回分に分けてお持ちください。
  • 服薬や坐薬挿入などをのぞき、点滴などの治療行為は行いません。
  • 麻疹と流行性角結膜炎の場合は利用できません。
  • 満員の場合はご利用いただけません。
  • 事前登録と利用予約の両方が必要です。

■「第4号様式」に関して

  • 「第4号様式」の発行は診察を前提としますので、お子さんをお連れにならずに「第4号様式」だけを書いてもらうことは出来ません。
  • 主治医(かかりつけ医)への受診と「第4号様式」の記入は保険診療の範囲で行われますので、医療費の一部負担が必要となる場合があります。(乳幼児医療対象の方などは負担がありません。)
  • 「第4号様式」が書けるのは、日ごろからお子さんの健康状態を把握している主治医(かかりつけ医)です。

※休日診療所や夜間急患診療所の医師は「主治医(かかりつけ医)」ではありません。このようなところで「第4号様式」を書いてもらおうとするトラブルが多発しております。病児保育室の発展のためにも、ご理解をお願いいたします。

■ワクチン接種に関するお願い

  • ほかの利用者からの感染がないよう努力いたしますが、施設の構造上、避けられない面もあることをご理解ください。
  • ご利用をお考えの皆様には、予防接種を積極的に進めていただくようにお願いします。
  • 特別な理由がなく1歳2ヶ月を過ぎても麻疹(麻疹風疹混合)ワクチンを接種されていない方のご利用はお断りいたします。